ちょっと気になる不動産小話

住宅の健康状態を自分で診断する

最近は健康住宅の必要性がよく言われていますが、長年住んでいれば家の健康状態に不具合は出てくるものです。
実は、自分で自分の家の健康状態を調べる方法があるのです。
例えば耐震性です。
在来工法の木造住宅の耐震診断は、国土交通省などでは地盤、基礎、壁のバランス、壁の量、老朽度を調査すると決まっているのです。
自分でチェックする場合は、基礎部分を目視して、ヒビがないかどうかを調べてください。
細く小さなヒビは表面的な劣化ですが、太く大きなヒビがあったら要注意です。
家の歪みが原因だったり、地盤や基礎の沈下、構造の腐食などの恐れが考えられます。
また建物の形と壁の配置も耐震性に大きく関係します。
建築図面と目視によって家の形状を確認し、図面どおりに壁が配置されているか確認することが必要ですが、素人にはなかなか難しいところがあります。
簡単にチェックできるのは、窓やドアの開閉がスムーズにできるかどうか確かめることです。
以前はスムーズだったのに、最近開かなくなったとか、がたつきがあるなどの場合は、構造的に歪みが来ている恐れがあります。
また床下収納庫の小窓や、天井の点検窓口から壁の筋交いの有無をチェックすることも大切です。
筋交いがなかったり、ヒビ割れていたりすると、家は危険な状態にあります。
また住宅の健康にとって大敵は湿気なのです。
内装の壁にシミやカビがあるかどうかチェックしてください。
特に天井にシミがある場合は要注意です。
ほとんどが雨漏りしている証拠ですから、早急に対策を打たないと手遅れになります。
収納内部に結露の跡やカビがないか、床下がカビ臭くないかチェックするのも忘れないで下さい。
シロアリの被害がないかどうかは、床下にもぐって基礎の柱などが腐っていないかチェックしてください。
基礎のコンクリート部分に細いホコリの筋ができているのはシロアリの通り道の可能性があります。
以上のように自分の目でチェックして、修理の必要な部分があったらリフォーム業者に相談して、修理補修するようにしてください。